毎日、たんたん。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
おやつですよ。
評価:
なかしま しほ
文藝春秋
¥ 1,260
(2010-04-22)
コメント:おやつですよ、なんていってもらうことがなくなった大人のための本。 食べたくなった時に、ささっと自分のために作れる簡単でおいしいおやつの本。 最後の失敗百科が笑えます。

 「おやつですよ」

子どもの時にしか聴けない言葉。
大人になると、誰もそんなこと云ってくれない。
今の子どもは多忙さんだから、案外耳にしていないかもしれないけれど。

今、日本人に必要なのは「おやつの時間」かもしれない。
ビタミンや栄養素、カロリーやらマクロビオティックなんていう、体はもちろんその人となりを作る大切なものとは違う。なくても生きていけるけど、でも「ある」と「ない」とじゃ全然違う。「絶対必要」じゃないもしれないけど「全然不要」じゃない。日々のあったかさとか厚みとか、濃度が全然違ってくる。

おやつを作る人。
おやつを頂く人。
それを見つめる作った人。
ごちそうさまを云う人。
その間に流れる時間。

うちの母の思い出のおやつは「コーヒーゼリー」だった。甘みを入れずに作って、コンデンスミルクをたらりとかけて食べた。
この本、母に献上しました。だって母が大切にしていた、あのボールやあのスプーンが使われているから。


100426_2301~01.jpg


今日はこの本の中の「あまからナッツ」を作ってみた。止まらない。



22:44 本やら、雑誌を読んで comments(2)
comment
食べたーい (。・_・。)ノ
つるつる 2010/04/28 00:45
つるつるさんへ。
もうなーい!
父ちゃん、完食!
今度、何かの時に持って行くよー。
なっちょ 2010/05/01 02:25

message :