毎日、たんたん。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
だいじょうぶそうなんで。
評価:
木皿 泉
双葉社
---
(2010-09-28)

評価:
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
A-hi Records
¥ 2,547
(2010-10-27)

 仕事は休み、通院付き添いもない朝。

自分の皮膚科へ行って、患者に一言も発する事を許さぬ一方的診療のラブリング先生の診察に「やっぱり次回は違う病院にすべきか…」と思いながら、42日分の薬を握らされる。

その足で、久しぶりにGARAGEに行く。
お店の前に植物が植わったり、店内に「お店らしい」棚が出来たり感じが変わっていたけれど、お月さま店主さんはいつも笑顔で迎えてくれた。入院以降のこととか、今の波のある病状などなど一方的な私の話をうんうんと聴いてくれる。お月さま店主さんには申し訳ないけれど、今の私にはこういう「耳を傾けてくれるだけ」の時間と相手が沁みるように嬉しい。今回のことでは、彼女の存在を頼ってしまって、手術後1人ぼっちの我が家の静かさに耐えきれず電話をかけて以来、数日おきにメールを送ってくれて、本当に心強かった。それ以外にも、仕事から帰宅したら自宅前で愛犬ちゃんと一緒に待っていてくれて、「風邪ひかないようにね」と云って手作りのバスソルトやジンジャーシロップ、リラックスアロマルームスプレーを届けてくれたアロマの先生Kさん、遠く三重から電話で応援して下さったMさん、返信不要だよといってメールをくれたり、ツイッターで心配してくれた方々。そして先日1ヶ月以上ぶりにいった黄色い鳥器店では
、お日さま店主さんは「すごく心配だったんだけれど、今一番忙しいだろうから、メールも電話も遠慮していた。ごめんね」と云ってくれたけれど、彼女らしい心遣いでそれもとても感謝している。
家族以外にこんなに気にかけて下さる方が身の回りにいることは、すごく嬉しく感謝しています。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

父の病状は一進一退という感じで、良い日もあれば寝込む日もあり。でも、絶対的に回復はしているはず、微かな変化を喜びながらこれからもやっていきます。

普段はガンガン聴いている音楽だけれど、人間本気で目一杯な状況になるとどんな音も邪魔になるものらしく、ここずっと音楽をほとんど聴いていなかった。テレビは淋しさを紛らわすためくらい。(大体年末年始の番組はひどかった)
先週当たりから、少しずつ音楽を流す余裕が出てきた。不思議と母の時もそうだったけれど、こういう時にはスピッツが恋しくなる。

「君は太陽」by スピッツ
 
あふれ出しそうな よくわかんない気持ち
背中をぐっと押す手のひら
斜めった芝生を転がっていくのだ
止めたくない今の速度 ごめんなさい

理想の世界じゃないけど 大丈夫そうなんで



17:25 日々、雑感 comments(0)
comment

message :