毎日、たんたん。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ピュアでセンチメンタルで
昨日は仕事、面会を終えてから映画「魔女の宅急便」を見た。

絶対、間違いなく、「ガンバレ」合唱のシーンでは泣いてしまうのはいつものコト。
が、今回はパーティーに間に合わないってだけで涙、「お母様のお教え(言葉が違うかも)がしっかりしていらっしゃるのね」と云われて嬉し泣きし、ジジのコトバが分からないと気づき、ショックで涙、オシャレな女の子たちの姿に心を閉ざす表情で一緒に悔し泣きし…。どんだけ泣くねん!と突っ込みを入れたくなるほど泣いてしまった。
震災以降のせいか、寄る年波のせいか涙腺が極潤かつ極緩なのだ。
この作品は嫌みのないセンチメンタルが満載だよな。バイオリン職人になりたい少年と文学少女のアレは、ちょーっとピュアにもほどがあるぜよ?級で、冷めてしまうのだ。

ふと、最近シャム屋さんで購入したワンピースは色形がキキの魔女服とそっくりだなと気づいた。髪型も似てるし、今度デッカい赤リボンを付けて着てみようか。空も飛べるはず、ってスピッツの名曲かって。
21:16 観る目を育てる comments(0)
comment

message :