毎日、たんたん。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ジタバタしている私が愚かなのか?
 2日、面会に行かないと催促の電話が父から掛かってくる。仕事から帰宅して、小雨の降る中お中元で頂いたメロンをむいて、洗濯物を2重のビニール袋に詰め込んで自転車を飛ばす。

やたら携帯を欲しがっている父、この間「これにする!」と決断宣言したはずの新しい携帯の機種、やっぱりこれじゃないのがいいと言い出した。絶対こうなると思って、何も動いていなくてよかった。元々病棟内での携帯は厳禁であり、階下のロビーでないと使えないのに、1人でエレベーターでの移動を禁止されているんだから、今持ったってしょうがない。きっと、携帯を持てば「何か変わって楽しくなるかもしれない」という妄想だけで欲しがっているのは明白。
「とにかく退院して、自分の目と手で確認して選んで。絶対今買って来ても『思っていたのと違った。やっぱり見てからにすれば良かった』って云うに違いない。事実、wi-fiルーターだって、今お父さん使ってないのに私が料金払っているし、解約金だって掛かるんだから迷惑!」と怒った。こういう流れを母と何度も繰り返し「お母さんはいつも何かをやる前から反対ばかりして、父さんのやる気持ちや失わせるんだ」って云うんだろう。今なら、母を全面的に応援するだろう。
お金が絡まない問題なら、何をやって勝手に辞めたっていい。でも、大抵がお金がかかることをやってみちゃあ、割合すぐ飽きちゃって辞めるのがこの人の性格なんだ。

その後、年始に介護認定の申請の時にも大いにお世話になった、地域相談センターの社会福祉士さんにケアマネージャーの選定について相談したことを父に伝えるが、まったく理解できないっていうか、しようともしない。ただとにかく目の前の人からの覚えがよいように、イケメン理学療法士さんにお願いしたいと言い出すが、彼は理学療法士であって、ケアマネじゃない。それすら分かっていない。
リハビリの担当の方々は毎日父の面倒を見てくれているようだけれど、正直云って医療面では私はこのK病院を信頼していない。入院以降、医師の診察はほとんどなく、以前の病気に対する理解が全くないようだ。他科受診の件だって、転院時に社会福祉士と看護士長に伝えてあったはずなのに「聞いてなかった。きちんと知らせてくれ」と云われたり、父の気持ちで「薬代をこの病院に落とした方がいいだろう」と云ってH病院からもらって来た処方箋を提出したら、「この病院では持っていない薬があるので、元の病院の近くで処方してもらってから届けて下さい(実際既に1ヶ月入院している患者であと2ヶ月はいる予定なのだから、予備の薬くらい院内薬局で用意しておくべきではないか?他科受診しなければ、勝手に処方を打ち切るつもりだったのか?)」だの、情報の共有、公開が足りないように感じる。病状の如何ではなく、老人Aとしか見ていない感じ。そうそう、病室に患者のネームプレートがないのは個人情報の保護の観念なのかもしれないけれど、看護士もネームプレートを付けていない。だから、どの人が担当なのかもわからない。H病院は医師、看護士、助手の写真と名前が全員分廊下に張り出されていたというのに。

そんな訳で、退院後は違うところのお世話になりたいと私は思っている。だから今から動いているのに、当の本人はまったく感知せず。どちらかと云えば「勝手にやってしまった」とでも思っているようだ。そして、兄に至っても「意外にその時になれば何とかなるもんだ。福祉制度なんてそういうもの」みたいな感じでいるけど、そうは行かないことは伯母を見ていて私は実体験しているのだ。悪い病院や福祉施設の言いなりになっていると、必要のない検査や何やらで不必要にお金を請求されるばかりか、病状を悪化させる自体になるのだ。お金が溢れんばかりにあるんだったら、医療法人の言いなりでもいいと思う。お金さえ払っていれば、とりあえず「夢のような老後生活」を送らせてくれるかもしれない。だがしかし、我が家のように自営業者で微々たる年金(ホントに生活費にも事欠く額だ)生活者と、非正規労働で低賃金、ボーナスなし、いつ切られるかわからない身の家族にはそんな老後は夢見る事すら許されない状況だ。だから、結局自宅で介護するしかないのだから、いかに切り詰め、かつ私がそれでもとりあえず安定した収入の得られる今の仕事を続けられるように、父がマイペースなりに暮らせるように、払いが悪い故に手を抜きそうな業者のケツをひっぱたいたり、ヘラヘラとご機嫌を取ったりしながらでも最適なプランを作ってもらうしかないのだ。

いろんなことが想い通りにならなくて不機嫌になった父を置いて、小雨の中帰宅する。
今日こそキチンと晩ごはんを作ろうと思っていたけれど、とてもそんな気力がなくなってしまって、途中のスーパーで買って来たもので済ます。

仕事も今週、来週が勝負の夏シーズン。なんかいろんなことが切羽詰まってきて、へし折れそうだ。家の中も、外もぐっちゃぐちゃ。ここは眠るだけの場所。
あ、犬の散歩とエサはちゃんとやってますよ。云う事はきかないけど、とりあえずマックだけは私の味方。だよね?マック?
22:05 介護のあれこれ comments(2)
comment
お久しぶりです しばらくぶりにパソコン開いたので コメントなんぞ
いつも日記は拝見してます 私は長い長い冬眠状態で手話は穴の中に潜り込んでいます
今はボーイスカウト活動が主の生活です 先日も自分の部門のキャンプが終わり  8月には上の年齢(中学生年代)のキャンプに 炊事関係の裏方で手伝いに
休みは活動で消化しています 

いつもながらお父様の内容の日記拝見 抱える問題は大きいと思いながら 
携帯の為コメントが出来ずにごめんね その時その時でいろいろ書き込み
したいと思ってはいるんだけどネ 自分の身体も暑くてまいってしまうくらい
疲れて仕事から帰ったら何もしたくないなんて事はしょっちゅうだもんね
るきはんさんも自身の身体も大切に お互い暑い夏を乗り切りましょう 
では いつも気にはなっているけどずぼらなきくぴぃより 

暑中お見舞いがてらでした 
kikupy 2011/07/29 09:30
kikupyさん
コメント、ありがとうございます。
手話はねぇ、とりあえず続けてます。やれば面白いんですけど、
自分も一度離れたクチなので、きくぴぃさんの気持ちもわかり
ます。

父のことは、何と云うか先が見えないことが不安でしょうがない
んだと思います。いざ、帰宅して自宅介護となれば、それはそれ
でできるような気もするんですけど、やっぱり自分の生活も守り
たいし…、っていうジレンマには陥りそう。
でも、お互いに体にだけは気をつけて行きましょ。
ありがとうございます。
なっちょ 2011/07/30 03:53

message :