トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
昨夕、病院に見舞いに行った時に、病棟へ向かう昇りエレベータで一緒だった家族(祖母、会社帰りの父、小学生の娘)がいた。話の内容から入院してるのは母親の様子。
私が主治医の説明を聞き、20時の面会時間を少し過ぎて下りのエレベータに乗り込むと、また件の家族と一緒だった。

さっきと様子が違う。
女のコが泣いていた。
号泣ではない。懸命にこらえながら、でも噴き出す複雑な淋しさを押さえられず、涙と一緒に溢れているような泣き方だった。
どうしてあげられず「またぁ、大丈夫だって云ってるでしょ?」を繰り返す祖母、仕事と慣れない妻のいない生活の疲れを滲ませながら押し黙って天井を見上げる父。
鼻を啜る音。

わかるなぁ。

家に帰ればいつもの生活が待っている人の「お見舞い」と、生活が一変してしまった当事者家族の「見舞い」は全く異なる。
帰路の足取りの重さ、明かりのない家への帰宅、生活音の少ない部屋で考えるこれから先への不安。
見舞いに行きたい/行かなきゃ。
でも、ツラい。

それを繰り返して1年半。
来週、父、帰る(笑)。


2012/06/28 (木) 07:41 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック