トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
初詣も、おせちもない元旦。
風邪もぶり返し気味だから、昼前まで寝坊。なかなか良いのゥ、周りも静かで。

犬散歩に出掛け、近所巡り。
喪中は鳥居をくぐったり、お詣りもダメよ、と知り合いから釘を刺され(忌中まで、という説もあるけど)てるので、ご近所の神社も外から黙礼のみ。つまんないなぁ、神社仏閣巡りが趣味なのに。

それから、友だちに連れて行ってもらった国立のバルオアジが元旦もやってる、というので、ちょっとお土産を持ってお邪魔することに。扉を開けると、元旦昼間っから愉しい様子の方々で溢れてた。と、「なっちょさん!」とお客さんから声が掛かり、目をやるとなんとご近所仲間のKさんご夫妻。ご一緒にコーヒーを頂きながら、年始のご挨拶。地元っていいわぁ。
今年の目標の一つに、「二度目の成人式、酒を呑めるようになる」を掲げている。一杯でいいから、バルで飲んで、色んな人と出逢って話をできるようになると面白いと思うんだよな。

それから、いつもお邪魔している西国分寺のBOOKS隆文堂に寄り、初本買い。
文庫『永遠の0』百田尚樹/講談社
文庫『雪の練習生』多和田葉子/新潮社
雑誌『たまら?び』
雑誌『住む。』
雑誌『出版ニュース』

たんまりで、にんまり。

店長さんに旧年中のお礼、店員さんからは出版社情報誌をもらう。
帰宅前にプロントで、読みかけの『来るべき民主主義』國分功一郎/幻冬舎新書を読了。こういう本に学生時代であってたらなぁ、と思う。哲学へのアレルギーが出なかっただろうに。いい本で年初め。
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック