トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
20061105_177292.jpg

今日は関西から、義姉のご両親がこちらにいらっしゃり、ぜひご一緒にお昼と観劇でもとのお誘いを頂き、お言葉に甘えて三茶へ。三茶のグッチーナというイタリアンの店でランチ。子羊のタンのパスタ、タンの柔らかさに悶絶。ウマかったっす。落ち着いているし、それでいてカジュアルだし、居心地のいい店でした。

それから、世田谷トラム現代能楽集3野村萬斎監修『鵺』を観劇。ここのシアターは初めて、規模はミニシアターレベルだけど、とても綺麗で気持ちよい。開演直前にスタッフから注意事項と共に、今空いている席は指定の枠を外して、すべて真ん中に詰め合わせ、後から入ってきた人は一番端に座って行くというスタイルは新鮮、でもとてもいいシステムだと思う。
そして、開演。中川安奈くらいしか知っている俳優がいなくて(義姉は戦隊もののイケメン俳優半田健人に注目)、予備知識もゼロ。しかし、それにしてもあまりにわからなさに、唖然。高校の演劇部時代に、第三舞台や遊◎機械全自動シアターとか、東京サンシャインボーイズなどを観に行って、「わかった」フリをしていたけれど、今日のこれはフリすらできず。「なんじゃこりゃー?!」である。劇中劇、繰り返されるシーン、現代なのか、未来なのか、もうすべてがゴッチャ。
久しぶりに頭をこねくり回してしまった。義姉もご両親も「うーん、うーん」。

お茶をしてから、関西に帰るご両親を見送り、義姉と一緒にPARCOへ。これまたライブや映画以外の渋谷が久しぶりで、雑誌から引っ張りだしてきたようなおしゃれさんばかりの街に、この年になってもなじめない自分に笑ってしまった。早く、おしゃれもくそもって云えるおばちゃんになりたい。今はまだ、ちょっと気になってしまう。気になるけど、そういうスタイルは自分では無理。私は吉祥寺の方がなじみます、落ち着きます。

そんなこんなして、帰宅。実は今日、中学時代の友だち、Kさんがお手製のアップル赤りんごパイを届けてくれていたのでした。それが上の写真の。まるで、プロでしょ?すごいよ!パイももちろん自分で重ねて重ねて作ったもの。リンゴの煮方も、酸味と固さを残していて、しかもリンゴのカットサイズがベストでフォークを入れても、ぐにゃりとしない。パイは甘さ控えめ、しっかりした層で美味しい。
いいなぁ、こんなお菓子を焼けるママって。しかも仕事もバリバリこなしていらして。スーパーウーマンだな。
ありがとね!Kさん。頭痛の中、自宅まで届けていただいちゃって、申し訳なかったです。
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

Kさん!すごいなぁ。めっちゃ美味しそう!
ほんと良いママさんだなぁ〜
少しは私も見習わないとぉなぁ。

2006/11/06 14:43 | ロカフラ娘

わ〜。素敵にUPしてくれて、ありがとう☆おまけに、誉めすぎだよー。お恥ずかしいです。
あの、シナモンの無い間の抜けた味・・・・。
しかも、アップルパイは子ども達に不人気(ーー;)まったくもうって感じですよ。
ご自宅にお届けした時はもうピンピンしてて、頭痛はふっとんでいましたので、大丈夫ですよ〜ん。
また何か作ったら届けるね♪(強制です。)
観劇、私も久々に行きたいなあ〜。わからないは、わからないなりに、いい物なのよね。

2006/11/06 21:44 | kinco

おいしそ〜!!
なっちょさんのコーヒーカップのぽってり感がまた
ベストマッチ☆
ケーキ屋さんのメニューみたいです!
いいなぁ。

2006/11/07 00:41 | まりん

ロカフラ娘さんへ
すごいよねぇ、見た目だけじゃなくて、
味も本格的でした。お互い、Kさんの
爪の垢をいただきましょうか?

KINCOさんへ。
いやいや、ご謙遜を…。本当に本格的でした!
シナモンのごまかしが効かない分、リンゴ本来の
味が生きてましたよ。原材料の案内も嬉しいですし。
お子ちゃんたちはアップルパイ、好きじゃないの?
でも、確かに私も子どもの頃は生クリームたーぁっぷり
のやつが好きだったかも。
演劇は、映画よりも敷居が高いよね。チケットも高いし。
今回はいい機会でした。

まりんさんへ
ぽってり、砥部焼のマイカップでございます。
なかなか冷めなくて、お気に入りです。
とっても、美味しかったですよ。ホント、カフェ
気分でした。

2006/11/07 23:05 | なっちょ

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

「グッチーナ guccina (イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年11...
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/
  • 2006/11/07 2:23 PM