毎日、たんたん。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
なりたかった夢、なろうとおもう夢
先日の製本講習会で、遠足に一緒にいった女の子から写真をもらった。
美術館の前で撮った、私の顔のどアップ。でも、いい瞬間の顔だ。母ちゃんに激似なのが悲しいが…。
「これ、あげるっ」とパッと渡してくれた彼女は、同年代の女の子に比べ、大人びていて、一人でも平気でいられるし、小さい子と遊んであげるのも上手、それでいて私と話す時は照れくさそうに甘える感じがとてもかわいい女の子だ。
「写真を撮るのと、撮られるの、どっちが好き?」
写真を撮ってくれた時、そう訊くと間髪入れず「撮るの。だってカメラマンになりたいんだもん」。
いいねー、カメラマンか。

私の小学生の時の将来の夢は
「ムツゴロウさんのところで働く」
「教会の先生になる」
だった。
キリスト教系の幼稚園だった影響で、小学校卒業までは日曜と云えば教会に通っていて、憧れだった崎山先生(モノトーンの服の似合う、翳りのある美しい女性で、オルガンがとても上手だった)のようになりたくて、こう書いたのだろうけど、結局キリスト教徒になることもなく、日本人らしく無宗教の現在。
ムツゴロウさんのところは、経営難で東京から撤退らしいから、ま、今となっては働いていなくてよかったというべきか?動物は人の本性を見抜くから、私みたいな奴は無理だったろうな、と今、思う。
そして、中学校の時からずーっと憧れだった職業に、現在ついているわけだけれど、夢の現実は、なかなか夢のようにいかないもんで、常に違和感を抱いたまま働いている。

友だちや身の回りの人は、みんな小学校の頃の将来のなりたかったものになっているのかな?夢を叶えているのかな?そして、もし叶えていたら、それはやっぱり実現してよかったものなのかを聴いてみたい。
そして、叶えている/いないに関わらず、今みんなは夢を持っているのかな?将来の夢は子どもだけのものじゃなくて、大人だって持っていたっていいと思うんだ。実現は相当難しいだろうけど。

私は今、やりたいのはねー、
「養豚場で働く」
「織物を学んで、工芸家とかには到底なれないから、職業として織物をやってみたい」
かな?
ぶた、本当に好きなんです。あの動物の目が好きなんです。
織物は、なんだか無性にやってみたいものなんです。何が根源にあるのかわからないけど、ずーっとやってみたいと思ってます。

夢は持ち放題。妄想し放題。
みなさんの夢、何ですか?

↓ ぶた好きにはたまらん絵本です。

こどものとも0.1.2 2007年 09月号 [雑誌]

追記
動物は本性を見抜くから、と書いてるそばから「養豚場」ってどうなのよ?ってかんじですね。いや、ぶたとは、本性を見せ合っても大丈夫そうな感じが有るんですよ、彼らとは。
あと、もう一個あったは、なりたい夢。真夜中フェを開く、だ。
22:16 真夜中フェ comments(20)
comment
そうそう、なっちょさんの夢はなんとなく覚えてる!
「ムツゴロウさんのところではたらく」って個性的な答えだったな〜。

そうそう、うちの実家の近くで豚を飼っている人がいるみたい。
(ペットとしてね)
散歩(!)してるのをみかけたことがあるよ−。
マックさんのお散歩コースとかぶってるんじゃないかな〜?
会ったことある???
まりん 2007/11/06 11:26
こどもの頃の夢……う〜ん、寂しいことに思い出せません。
現在の夢……これも即答できないのがさらに寂しい〜。
なっちょさんの「養豚場」と「織物」と「真夜中フェ」
実現するといいですね。
僕もペットとしての豚はかわいいだろうなぁと思うのですが、
職業となると、やがて訪れるドナドナの試練に
耐えられるかどうか…。
毎日、豚舎の脇で泣いて暮らすのも辛いですしねぇ。
まんげつ 2007/11/06 13:39
私の子どもの時の夢は、魚屋さん→花屋さん→ジャーナリスト。どれにもなってないな。
でも今でも夢は持ってます!ただの料理好きな主婦で人性終わりたくないなあ。。。。でも最近は、それでも良いかなーとか思ったりもして、揺れていたりします。青い!青いぞ自分!(笑)
豚を飼っている話。知ってる知ってる!兄も犬の散歩中見かけたそうです。ていうか、実家でいつのまにか犬を飼っていてビックリなkincoなのでした。
動物アレルギーの私にはつらいとこ。
KINCO 2007/11/06 15:17
まりんさんへ
覚えていてくれてた?あの頃から、変人希望
だったのかもしれません。
まりんさんは、何になりたかった?ファミコンを
しているとき、その後ろで、BGMをすぐピアノ
で弾けるまりんさんを見て、作曲家とかに
なれるかも、と思ってました。

そして、ナヌー?近所にペットでぶーぶーを
飼っている人がいるとな?見たこと無ーい!
大学通りでふくろうを2羽、自転車のハンドル
にとまらせて散歩している人は見たことある
けど。
見たいなー。マックとご対面させてみたい。
たぶん、いや、絶対負けるな。

まんげつさんへ。
あらら、夢を忘れちゃいましたか…。つまり、それは
今のお仕事ではないってことなんでしょうか?
そして、今の夢。うーん、ちゃんと大人になっている
人は、そんなもの持たなくなるのかなー?私は今だ
に、夢見る夢子さん過ぎる(KINCOさん風に云えば、
青過ぎる!)のかもしれません。

確かに、養豚場で働いたら、毎日、
♪可愛い子豚、売られてゆくよ
 悲しいそうな瞳で見ているよ♪
状態ですね。
でも、何の根拠もない確信なんですけど、
ぶたとは、そういったペットとは違う、「飼育者」
と「家畜」としての関係を保てそうな気がする
んです。ま、本当になんの根拠もないんです
けど(笑)。

KINCOさんへ
魚屋さんは、ダ×ヤショッ△ング○ンターの魚屋
さんに憧れてですか?私はあそこの小銭を取り出す
機械(100円、50円、10円が縦の筒に並んでいて、
レバーを押すと一枚ずつガシャコンと出てくる奴)に
ものすごい憧れが有り、あれだけ、欲しかった。
ジャーナリスト、なれそうだよー。厳しい観察眼と、
周りを恐れさせる脅威の記憶力!
でも、今のKINCOさんなら、お菓子を作る人として
何かやって欲しいです。うっしゃ、私が真夜中フェを
開いたら、KINCOさんのお菓子を出したいです。その
折はどうぞ、よろしく。

って、みんなペット豚を目撃しているのね!よし、マック
探偵と一緒に探します。
KINCOさん、動物だめなん?知らなかったよ。
なっちょ 2007/11/06 20:49
私もふくろうおじさん、大学通りで見かけました!
なんで風切っても、飛ばないでいられるんだろ〜と
不思議でしたが、可愛かった。
おじさんと目があったら、無表情でちょっと恐かったけどっ

私は田舎フェ、したいです。川の側で。
なあ 2007/11/06 22:50
そうよー。フ○ッシュダ○ヤの前身、ダ×ヤショッ△ング○ンターの魚屋さんよー。湯○さん!に憧れて。
魚さばくとこじーっと見て育ったの。まな板の下の大きな桶の水にジャバジャバ魚入れてあらって。小銭の機械も懐かしい!私もあれ、憧れだった。小学校んとき、新しいのに替えたよねー。ピカピカになったときがあったのを思い出すわ〜。あそこの魚屋さんはご主人病気になる前は築地まで毎朝仕入れに行ってて、すごく新鮮な魚だったんだよね〜。
真夜中カフェに出すお菓子は、、、うなぎパイで。手作りうなぎパイ研究しようかな。
子ども生んで体質変わったのか、動物の毛がどうやら駄目らしく・・・動物園に行くと、くしゃみ鼻水と涙が止まらないのだ。ふ〜。犬1匹ぐらいならまだ大丈夫。
KINCO 2007/11/06 23:19
なあさんへ。
こんばんは。
ふくろうおじさん、ご存知ですか!一瞬、幻かと思いますよね。
そう、しかもおじさんが少々不機嫌そうなんですよね。

田舎フェ、それもなかなか素敵です。イメージはパン屋の
ゼルコバみたいな感じでしょうか?あ、でも、あそこじゃ、
川のそばじゃないですね。BGMは、スピッツの「田舎の
生活」でお願いします。

KINCOさんへ。
やっぱり!あそこの魚屋さんですか!
そうそう、大きな樽の中に水がたっぷり入っていて、長靴
履いていて、ゴムの長ーい前掛けがかっこ良かったんだ
よね。うちの母ちゃんはあまりあそこでお買い物はしなか
ったんだけど、叔母にくっついて行ってました。刺身とか
美味しそうだったなー。
私は豆腐屋さんの水槽に沈むこんにゃくと、あの滑り台
式のビニール袋入れ機械が大好きだったなー。

うなぎパイっすかー?夜のお菓子ね。
でも、無闇にお客さんが元気になっちゃってもねー、
どうかと思うわ。
出産の後、体質が変わったって話をよく聴くけど、
すごいことだね、母親になるってことは。父親は
精神的にしか変われないのに。
なっちょ 2007/11/07 00:49
しつこくてすいません・・・。そうそう、長靴はいてたねー。
お豆腐やさんに沈むこんにゃく。滑り台式の機械。すべて懐かしい。
あと、ダ●ヤの中のお肉屋さんの、パッキングする機械も滑り台式だったよね!あれもかなり魅力的だった。肉屋さんではたまごを使ったオードブル作るところずっと見てて、中に招き入れてもらった事もあるの。巨大な肉の冷蔵庫の中、ひんやりしてて今でもあの空間は記憶に鮮明。毎日通った(笑)思い出沢山。語りだしたら止まらない。思い入れ深い場所です。
うなぎパイ却下すか。ちぃとひねりが足りなかったようで。。。。スタタタ。帰ります。
KINCO 2007/11/07 15:10
KINCOさんへ
そんなあなたが好きよ。
あとね、乾物屋さんでお漬け物を買うと、ビニール袋に入れた後、両端を持ってクルクル回して、縛るやり方がすごい!と感動し、(だって、普通に口を縛ろうとすると、短くって結べないのに、こうやると結べるんだよ!)、お菓子屋さんの天井からゴムのようなもので吊るされたザルに入った小銭入れも興味津々だったし、お花屋さんの「お榊」っていうのが、どうしても覚えられなくて、「おかさき」になってました。
あとあと、酒屋さんと魚屋さんの区別がつかない、煮酒っていうのがわからない、薄揚げと油揚げと母と叔母の表現の違いに戸惑う…。
とにかく、社会勉強をいっぱいさせてもらったダ●ヤショ×ピング◇ンター!
ものすごーく、せまーい範囲の人しかわからないこのネタ、たまりませんな。

いや、うなぎパイでもいいんだけどね…。まず、店主自ら興奮しまくりそうで…。鼻血ぶー!。
なっちょ 2007/11/07 22:20
ほんっとすいません。くどくて。
爆笑なんだけど・・・乾物屋さんのビニールの縛り方。私も真似してたし、今でもやる(爆笑)あれさ、ビニールに手をいれて、漬物オケに突っ込んで、くるってひっくり返したのち、ブインブインまわして縛るの!真似したよ〜〜。おままごとでもやった。なつかしい〜〜。あそこのツボ漬けが好きでさーよく買ってもらった!
お菓子やさんでは、はかりがドデンって置いてあって、それでよくお菓子計ってさ、これ表示と違うよーとか言ってたよ。花屋には金魚や亀もいたよね。
あそこでみどりガメよくいじったけど、、今思えば衛生的に駄目よね。
お豆腐やさん、あぶらげも、「おいなりさんつくるんで」と言うと、大きめでふかふかしてるのを選んでくれるんだよねー。そういうやり取り、スーパーじゃ味わえないなーって。
でもね、野菜はあそこでは買ってなかったんだー。八百屋さんでの記憶はあまりない。店主さんのことがあまり好きではなかったみたい。母。うぷぷ。
KINCO 2007/11/08 10:11
KINCOさんへ
どんどん、来て来て!!!
やっぱり、あの妙技に憧れていた人がいた!真似した真似した!裏っ返して、くるっとひっくり返して、ブンブン、キュっ!。私は、母が嫌いで買ってもらえなかった「豆乳」を叔母に買ってもらって、飲みながらその妙技に見惚れてました。

あぶらげを、「開きますから」「お稲荷さんにします」というと、中から選ってくれるのよね、そうそう!その意味が分からなくて、秘密の暗号だと思ってた。お稲荷さんの裏返しの奴が、気持ち悪かったのまで思い出しちゃったよ。

キントトに水草、肉まんの湯気…懐かしいよー!

あ、因にうちの母も八百屋さんは全然行かなかったよ。おんなじ。

なっちょ 2007/11/08 22:09
なっちょさん、ツボなキーワード小出しにしすぎ!!(笑)豆乳豆乳。
ブリックパックの大きさのでしょ?あれさ、乾物屋さんのステンレスの枠の冷蔵スペースに重ねて置いてあってさ。ちょうど目線の高さでね。あれが欲しかったのよ。私はよく買ってもらってました。調整豆乳、緑のパッケージ。コーヒー味とかバナナ味とかあって。
肉まんあんまん!よく買ったよー。あと、バナナカステラ!
あの八百屋さん、あまり記憶にないんだけど、店主さんどんなお人だったのでしょう・・・。
奥の棚上段に、古びた果物の缶詰セットが飾ってあった。それがやけに気になってました。
KINCO 2007/11/08 23:36
KINCOさんへ
KINCOさんが記憶の引き出しを引っ張るから、どんどこ出て来ちゃうのよ、キーワードが。
豆乳、黄緑色のパックで、太陽かなんかが書いてある奴だよね!コーヒーのは茶色、バナナはレモンイエロー。
うちの場合は、暖かい肉まんより、後ろの飯台に入っている「冷たい肉まん」を買って、家の蒸かし缶(こういう漢字なのかしら?)で温めることが多かったなー。「えっと、冷たい肉まんを8個にアンが4個、ピザが2個ください」って。時々、一個おまけくれたりね。
袋詰めの間、中村屋の大きなカレー缶や、月餅に心惹かれるんだよね。
夏は表のアイスケースに、身を乗り出して(ほとんどはまりそうになって)中をのぞいてたなー。ホームランバー、パピコ、コーラアイス(木の棒が2本刺さってて、半分に折れる奴)が普段の。憧れは「宝石アイス」!!!!
八百屋さんはね、常連さんびいきをするから嫌いなの、って昔、母談。
そうそう、深緑のラベルに白桃とか、みかんのイラストの書いてあるフルーツ缶のセットでしょ?たぶんあれ、缶蓋が錆びてそうだったよねー。

なっちょ 2007/11/09 00:21
すごい!
おふたりの、ほんとうに昨日のことのような鮮やかな記憶に
ただただ驚かされます。
ダ×ヤショッ△ング○ンターという場所が時間も空間も超えて
目の前にどんどんと姿を現してきました。

それにしても僕にはそのあたりの記憶が
引き出しごと、どこかに忘れてきたように
スコンと抜け落ちているんです。
ああ、うらやましい。
おふたりの宝物ですね。
まんげつ 2007/11/10 00:46
まんげつさんへ
こんばんは。
KINCOさんと私は、同窓会でも脅威の記憶力、と驚かれた2人です。
しかも、育ったところがごく近所、しかも買い物するならそのダ×ヤショッ△ング○ンターしかない、っていうのがポイントです。ここを知らない人が、このコメント合戦を読んで、どんなイメージを持たれたか、それを聴いてみたいです。
しかし、ここは1年前くらいに閉店、半年前くらいに建物も壊されてしまいました。
でも、大丈夫、うちらの脳みそにはしっかり残ってますから。大抵いつも開いてる自動ドアも、コンクリ打ちっぱなしの床も、全部全部。
本当に、宝物かもしれません。
なっちょ 2007/11/10 01:43
仕事の書類がなかなか進まず、またのぞいてしまいました。(笑)
僕の友人にも恐ろしいほどの記憶力の持ち主がいます。
なつかしい話で盛り上がったときなど
それがいつのことだったか、かなり正確に教えてくれるんです。
日付けだけでもすごいと思うのに、あるときなど
その日の僕の衣服まで覚えていて仰天!
15年以上昔のことだったんですけどね。

人生最後の旅に持ってゆけるものは思い出だけ
といいますから、たくさんの記憶はまちがいなく宝物でしょう。




夜更かしまんげつ 2007/11/10 02:32
夜更かしまんげつさんへ
おはようございます。今頃は、夢の中でしょうか?(笑)
私の場合、食べ物が記憶と連携してます。誰とどこで何を食べた、 が引き出しの在処を知らせるヒントになることが多いですね。
確かにモノやお金、名誉や技術は、最後の旅の荷物に入れられませんね。経験の記憶、人との出逢いの思い出を持って行きましょう。
早起きなっちょ 2007/11/10 06:57
夜更かしまんげつさんへ
じつは、現在、mixiの方で、KINCOさんおよび、
ダ×ヤショッ△ング○ンター付近で育った面々が
この話の続きを展開させているんですよ。
まんげつさんが覗けないのが残念…。
「昭和から平成」に変わるその頃、同じ場所で
同じ時間を過ごした仲間との記憶の交流会、
三丁目の夕日以上に愉しいです。
なっちょ 2007/11/10 23:26
なっちょさん、こんばんは。
今、見つけました、僕へのメッセージ。
ダ×ヤショッ△ング○ンター付近で育ったみなさんの
交流会はさぞや盛り上がったことでしょう。
伺えず、残念!

昭和から平成に変わる頃というと
ほんのこの間のことように思いますが、
もう18年も経っているんですよね。
会社勤めの生活から次のことへ移った頃と重なるので
さまざまなことを思い出します。
なるほど、あの頃、なっちょさんたちは
まだ子どもだったんですもんね!

なっちょさんとKINCOさんのやりとりを
拝見していたら、好きな芝居のことを思い出しました。
MODE(松本修演出)の「わたしが子どもだったころ」です。
時代背景はうんとさかのぼり、
洗濯板が活躍していた時代ですが、
隣り合わせのふたつの家庭を中心に話が進みます。
大事件が起きるわけでもないのですが、
その頃の生活描写がじつに巧みで、
人々が毎日を大切にイキイキと暮らしている様子が
静かに胸を打ちます。
おふたりのリアルな記憶が
芝居の脚本の一部のようにも感じられました。


まんげつ 2007/11/12 01:32
まんげつさんへ
おはようございます、東京、特に多摩地区は天下一品の
晴天です。私信のように、ここのコメント欄を使ってしまって、
すみません。
ダ×ヤショッ△ング○ンターネタですけど、展開してみたら、
やっぱりこれだけの記憶があるのはKINCOさんと私だけの
ようです。みんな、「あー、そういうのあったかも」と云う感じ
でした。
昭和から平成に変わる時代、子どもっていうほどの年齢じゃ
ないですよ、中学2年生でした。(って、年齢がばれますね、
昭和49年生まれです。)中途半端に政治や世の中のシス
テムに興味を持っていた年齢で、元号が変わるまでの前後
半年くらいを物珍しいものを観るような感じで過ごしました。

「わたしが子どもだったころ」という演劇、まったく知りません
でしたが、日常を大切にしている、ちょっとした変化を大事
にする心というか、世界はとても好きなので、見てみたかった
です。演劇は、映画と違ってその時に見なければ二度と会え
ないので、残念です。
そういう意味で、江國香織さんの『とるにたらないものもの』
という本がわたしは大好きです。
なっちょ 2007/11/12 10:26

message :