トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
 寝正月って憧れよぉ。
正月に限らず、一度でいいからお布団の中で一日過ごすのってやってみたいわ。
なんて、新年早々自堕落発言。

寝てるわけにもいかず、七草がゆ(読み違えるとしちぐさがゆ)を炊いた。
母は「あんな雑草にお金なんて払えますか!」と云って、一度も七草粥を炊いてくれたことがなかったなぁ。あの人らしい。確かに、はこべなんて、我が家のウサギ/ピーターさんの大好物だったもんね、庭産のはこべ。
まぁ、それでも今年はそういった行事もんはきちんと踏んでみようと思って父と頂く。で、お飾りを外して。

で、午後から伯母のところへ訪問。
伯母の目の調子はものもらいなのか、強膜炎という病気なのかまだ不明で、定期的に受診しなければならないとのこと。定期的って云ったって、平日仕事の私に連れてけと?と云いたいが、ここは高級老人ホームでも何でも無く、介護老人保健施設ですから、それは仕方のないんで。

ところが更に追い打ち。
この施設に入所して今年で3年を越え、4年目になるところ、そろそろ別の施設を探して下さいと事務所からのお達し。
ちょい待てって。施設探し、施設見学、申し込み、役所の書類申請と受け取り、全部おいらがしろと?その間に父の介護の定期手続きや通院もしながら?

もういい加減、神も仏もないな、と思う今日であった。
捨てる神も、拾う神もおらん。
(今月来月は仕事がこの年度で一番忙しいっていうのに。こうして仕事の信頼も失うんだな。)
Twitterでは既につぶやき済みですが、今年の全国手話検定試験も準1級に合格しました!
まさに一夜漬けで受かったのは、たぶん職場に来る利用者さんとの会話などで度胸が身に付いたことや、仕事関連の研修会で手話についての話をするはめになったりのおかげだと思う。
しかし、講習会やサークルなどには欠席ばかりで、到底都の養成講習会を受けられる実力や知識はない。事実、来年は父のこともあり、講習会に出席できる状況ではないから受験自体をしないけれど、そうなると将来の目標がないんだよね。とりあえず1級は受けてみようと思うけれど、それでおしまいだし。
これからの3年くらいが今の職場の正念場な気がするし、大きな変革が訪れるような気がする。その波に乗れるのか?私。いっそその波から離脱ってのもあるし。
柔軟に行こう。と、そんな未来のことより、目の前の大掃除!

追記:準1級の合格者は全国で235名、東京会場は71名だったようです。



先日トリートメントをお願いしたアロマのお店ウッサボーテさんで、「なっちょさん、エミ・マイヤーって歌手知ってる?」と訊かれた。以前、イベントの中の出演者として初めて唄声を耳にしただけなので「知っている」というほどではないけれど、とにかくそのファニーな顔に似つかわしくない、低音の魅力が溢れる歌手だったのを覚えている。あの時には少しタメのあるリズムに乗っかったメロディの気持ち良さに身体を揺らしたが、今歌詞を見てみてまるで絵画のような美しい詩だなと思った。最近はCMでも使われているし、ブレイクするかもしれないな。

 「Iさんの場合、利尿剤の分量の調整が難しいんだよな。ちょっと少ないと体内に溜まっちゃうし、ちょっと多くしちゃうと脱水になっちゃう。ひからびちゃういけないからね」

先生、うちの父の即身仏とかミイラにするのはおやめ下さい。
111120_1624~01.jpg

数分後には、いきなり夕焼け。
111120_1609~02.jpg


青空が一気に黒雲で覆われた!
 以前「13歳にお迎えは来なかった」という日記を書いたけれど、幼少期「わたしは実はもらいっ子なんじゃないか?」という妄想特急を走らせていたことがあった。

今日夕方お米を研いでいた時に、あの頃どうしてそう思ったのかの証拠を一つ見つけた。
お米が残り少なくなって来て、米びつ代わりのプラスチックバケツの底が見えて来たら、それが出て来た。

1本のしゃもじ。

そのしゃもじには兄の誕生日と兄の名前がしたためられている。
恐らく誕生した子どもの健康などを願っていれてあるんだと思う。
このしゃもじが1本しか入っていないことが、幼少期の私にとってはものすごいショックだった。なぜ、私のがないの?やっぱり、それはもらいっ子だからなのか?と1人悩んだのを覚えている。もちろん、どうして?とは聞いた事はない。
今なら、「面倒くさくなったし、米びつに2本も入っていると邪魔でしょ?」と云った程度の理由だとわかるけれど。
だから、2人以上のお子さんの居る方はどうぞこういった些細な事で子どもさんが卑屈(笑)になっちゃうことがありますので、お気をつけ下さいね。

それにしても、惑星かぐやからの迎えの使者は未だに来ないねぇ。

111112_1927~01.jpg
勇者の剣がなくて、お姫さまを助けられたのか?
遅番出勤でゆったり出勤のはずが、父のデイケアお迎えと重なり慌ただしい出発。高齢化激しい我が地元は、各事業所のハーメルンの角笛的ワンボックスがじいちゃんばあちゃんを集め、連れていく時間だ。よろしくお願いしますだす〜。

さて、電車内である。
10年以上前から「車内メイク」についての論争があったが、最近はあまり見ないようにも思うが、どうなんだろう?つけまつげはさすがに電車の揺れでは難しいのだろうか?
女子高生の「靴下生着替え」も驚いた。指定ソックス→ルーズソックス、あれも最近は見ない。

近頃、気になるのは「車内飯」だ。
駅弁ツアーじゃないんだから、激混み車内でアイスクリームだの、片手スマフォ、片手ランチパックで乗車とか。やり手営業マンが時間を惜しんでっつうならわからないでもない。
男女問わず大学生や就職活動中の子なんかが多い。急いでる風はなく、どちらかと云えば「だって食べたいんだもん」的な感じだ。座席からこぼれそうな座り方で、ワンセグ見ながら肉まんって、ここは我が家ではないぞ。

あぁ、今も隣の女子大生がペリペリとフィルムを剥がし、海苔をハラハラと落としながらおむすびをお召し上がり中。中味はタラコね、おばちゃんもタラコのおむすび、大好きよ。
111110_0543~01.jpg
イヌと散歩。

とても静かな時間。