トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
100228_1358~01.jpg
宅急便の人が怖くて、駆けずり回った跡。
100223_1254~01.jpg

こんなに春らしくぽかぽか陽気なのに、母ちゃんが風邪を引いちゃったそうで、大事をとってボクのシャンプーも先延ばし。ま、ボクにとったらありがたいんだけどね。

母ちゃんはそれでも洗濯なんかをして、干しながらボクの背中に足を乗っけて「あったけー!」とか云ってるから、大したことないんだと思います。単に面倒なのかもしれないな…。
100222_1131~01.jpg

ボク、今とってもクチャイんです。
冬はね、シャンプーしないから脂たっぷり、抜け毛ふっさりで、キチャナイんです。

今日は、それでもシャンプーしてきれいになってから10種類も入った注射をしてもらいに行こうと思ってたんだけど、あまり天気がよくないからやめちゃった。だって、注射の前に風邪引いちゃったらよくないでしょ?明日にしよっと。


 冬になると、マックに毛布を与える。
毛皮とはいえ、まっ裸に毛皮なわけ(毛皮のマリー?男娼じゃないわね)、寒いだろうと思って、フリースの毛布を渡すと、とりあえず自分の臭いが付くまで、噛む/引っ張る/体になすり付ける/振り回すを繰り返し、ひとしきりぼろぼろにしてくれる。で、だいすきモンになる。そうすると、なにかっちゅうと、自慢げに「これ持ってんだかだー!」と引きずって見せにきてくれる。どうもありがとう、抜け毛だらけの獣臭いやつを。
が、これを小屋に入れる技を、歴代3代のワンコはみんな習得できない。出しっ放しで、雨に濡らしてしまう。晴れの日に、小屋の屋根に広げて干してあげると、引きずりおろすことまではできる。が、それを小屋の中にしまえない。

小屋の屋根に乗っかっている→引きずりおろす→そこで寝る。

の構図までしかできない。
A→Bまではできた。でもCまでたどり着かない。
教えようと、毛布をくわえてるマックさんに「ハウス!」と命令すると、何か嬉しくなってしまい、くわえたまま私に突進してきてくれる。そうすると、私のズボンが毛だらけになるだけ。取り上げると大騒ぎ。ジャンプジャンプ!引きちぎる!もしくは、口がパカンと空いてしまい、ハウスだけ履行。取り残される毛布。
6歳だから、ほぼ60歳。まだまだおバカなやんちゃなオヤジ犬です。
近頃、上司2名の病欠のため残党職員はフル稼働である。
しかも昨日は本のリサイクル市と子ども向けの教室とイベント目白押し。昨晩も職場を出たのは夜8時過ぎだった。
帰宅すると眠くて眠くて、新聞広げ、ストーブの前で読もうと思ったら、四コママンガの途中でうたた寝。マックさんが「サンポゥオ〜ン!」と雄叫んでいたけれど、煮干し5匹献上で説得工作し、了解を得た。

で、今日は雨らしいので、朝のうちに散歩しておくことにした。まぁ、昨日の分も、と言わんばかりに全力疾走!耳は空を切り、涎が宙を舞う!落ち葉を蹴散らし、出会ったラブラドールに吠え散らかし、アハハアハハ!

母ちゃん、出勤前からヘロヘロっす。

今日は「おかしな鳥犬」富士丸の追悼イベントが開かれますね。詳細はブログ「富士丸な日々」をご覧下さい。
CA3C005800010002.jpg

柿を好きなのは許すとしよう。甘いから美味しいんだろうよ。
しかし、肉食獣であるワンコさんにとって、柿の皮なんかの食物繊維は無用の長物なのか、とにかく柿を食べた後は「ウン○」さんが「ウンP」さんになってしまうのだ。お腹の大掃除並みにたっぷりウンウンになり、まさに柿の種だけを排出するんだから、よくできた体だ。

それでも枝を見上げても、もうそんなに実っていないはずなのに、ここのところ朝のマックさんのウンウンさんが大量だ。証拠の種もしっかりとあるので、
「マックさん、どこで柿食ってるの?どっかの家で『よく柿食う客だ』なんて云われていない?一日一個の約束でしょう?」
と尋ねたら、なんだか気まずそうに目をそらした。
怪しい…。

疑うはこの人以外にいない。
「父ちゃん、マックにやたら柿をあげてない?」
「…」
シレーっとこちらも目を反らす。
案の定、おたくですか…。2人して、だんまり作戦かい!


091110_1304~02.jpg
足はどれで、尻尾はどっから出てきてるのか?
091023_2317~01.jpg091023_2316~02.jpg091023_2316~01.jpg


散歩の後、煮干しのおやつをあげようとしたら、このポーズ。
「おすわり!」と云ってるのに、どうしても「伏せ」になってしまいます。
目の輝きっぷりが尋常じゃありません。耳も位置がかなり上がってます。


091011_1255~02.jpg
目がそういってます。
091011_1256~01.jpg