トテチテ堂本舗

毎日、たんたん。
 寝正月って憧れよぉ。
正月に限らず、一度でいいからお布団の中で一日過ごすのってやってみたいわ。
なんて、新年早々自堕落発言。

寝てるわけにもいかず、七草がゆ(読み違えるとしちぐさがゆ)を炊いた。
母は「あんな雑草にお金なんて払えますか!」と云って、一度も七草粥を炊いてくれたことがなかったなぁ。あの人らしい。確かに、はこべなんて、我が家のウサギ/ピーターさんの大好物だったもんね、庭産のはこべ。
まぁ、それでも今年はそういった行事もんはきちんと踏んでみようと思って父と頂く。で、お飾りを外して。

で、午後から伯母のところへ訪問。
伯母の目の調子はものもらいなのか、強膜炎という病気なのかまだ不明で、定期的に受診しなければならないとのこと。定期的って云ったって、平日仕事の私に連れてけと?と云いたいが、ここは高級老人ホームでも何でも無く、介護老人保健施設ですから、それは仕方のないんで。

ところが更に追い打ち。
この施設に入所して今年で3年を越え、4年目になるところ、そろそろ別の施設を探して下さいと事務所からのお達し。
ちょい待てって。施設探し、施設見学、申し込み、役所の書類申請と受け取り、全部おいらがしろと?その間に父の介護の定期手続きや通院もしながら?

もういい加減、神も仏もないな、と思う今日であった。
捨てる神も、拾う神もおらん。
(今月来月は仕事がこの年度で一番忙しいっていうのに。こうして仕事の信頼も失うんだな。)
仕事中、伯母の施設から携帯に留守電。
またもや体調に問題ありで、家族の付き添いで通院が必要とのこと。
どうしてこう病気オンパレードなんだっ?
厄年じゃないから厄払いはいいよね?と思ってたが、本気でどっかでお祓いを受けたくなってきた。


2012/01/06 (金) 19:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
120104_2121~03.jpg
流行りの塩麹を手に入れた。
シンプルに甘唐辛子を炒めてみた。旨味の濃い、甘じょっぱさがいいね〜。
父からは甘唐辛子が苦手だから、違う素材で試して欲しいとのリクエスト。

しかし、正月のご馳走よりこういう普通のゴハンの方がホッとするな。


2012/01/04 (水) 21:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
120103_1428~02.jpg


2012/01/03 (火) 15:07 | -
trackbacks(0) | comments(0)
120102_1916~01.jpg
東伏見稲荷神社のしるしの杉。


2012/01/02 (月) 19:17 | -
trackbacks(0) | comments(0)
120102_1516~01.jpg


2012/01/02 (月) 15:17 | -
trackbacks(0) | comments(0)
我が家の前を茶色のダックスフントを連れて通るおじさんがいる。何処にお住まいかも存じ上げないが、毎回会う度、全開の笑顔で挨拶をしてくれる。その笑顔がなんちゅうか、猛烈なんだ。とろけたチーズのようであり、破竹の勢いってこういう時に使わないのはわかってるけど、そんな瞬発力がある。

今日も近所のバス停目指して歩く私を見つけ、100mくらい先から「コンニチハっ!」と声を掛けてくれた。勿論、メルト笑顔で。

「こんにちは!今年もよろしくどうぞ」


2012/01/02 (月) 14:32 | -
trackbacks(0) | comments(0)
SN3S00250001.jpg
我が家は正月2日は鴨のお雑煮にするのが定番。
今年は合鴨じゃなくて本鴨。
岩手産なのが気にならないと言ったら嘘になるけど、天然じゃないから大丈夫だろうと判断。


2012/01/02 (月) 11:08 | -
trackbacks(0) | comments(0)
120101_1316~03.jpg


2012/01/01 (日) 13:19 | -
trackbacks(0) | comments(0)
昨晩、ちこちこと今更ながら年賀状を書いていた。(というわけで、お知り合いの皆さん元旦には届きません…。)
大した数じゃないんだけど、あと10枚がどうにもこうにも書けなくて2時前に布団に飛び込んでしまった。眠い、手が草臥れて字がヒドイ、もあるんだけど、それ以上に今年1年を振り返ったら公私ともに辛い出来事が多すぎて、文面がどんどん暗くなってしまったからだ。まだ思い出にはなってない生々しいことばかりなんだ。

ラクダのコブは年をとるにつれ、脂肪を溜め込んでいくらしい。いろんな思い出なんかと共に。
私のプニちゃんもここ数年のいろんな出来事を溜め込んだものなのかも。でも、私はラクダみたいに垂れ下がるほど溜め込む器のおっきさはないの。さっさと摘出しますよ。いい思い出にすがり過ぎるのも前進を邪魔するし、辛い思い出は気持ちをひしゃげるばかりだし。
来春にはプニちゃんと別れて、すっきり新しい気持ちになろう。


2011/12/30 (金) 09:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)